忍者ブログ

フリー絵描きの日常とお仕事情報

Days of GUNNER

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GUNNER QUEENのこと(その4)



 前回からずいぶん時間が空いてしまい申し訳ありません。コミックスの準備と同人原稿などでてんてこ舞いでした。今年の夏コミではサークルAXZ様から出る同人で描いています。true tears本とバーディー本、それにハルヒ本です。詳細はサークルAXZさまのHPでご確認ください。

 さて、引き続いてGQの裏話です。今回はGQ(コミックヴァルキリー)のエロ描写についてです。

 コミックヴァルキリーのアオリで、「18禁ではないからこそ表現できるドキドキがある!」とあるように、雑誌としての企画は当初から「18禁ギリギリを狙う」というものでした。

 ということは表現できる幅は広いわけで、これを利用しない手はありませんでした。GQがコミヴァの中でエログロ的な立ち位置にあるように言われることがよくありましたが、これは「銃を持ったお姫様モノ」を「18禁ギリギリの表現でやる」以上、必然的なものでした。ただしエログロは表現の手段であって目的ではありません。エロはリュシィやミスエの受けた精神的・肉体的苦しみであり、グロはそれに対する怒り・恨みの大きさを表現するようにしたつもりです。

 ただ、その表現も13話終了時に、突然「自治体の青少年有害文書に指定されそうだから、今後はこういった表現を控えましょう」ということになりました。グロに関しては特に何も言われなかったのですが、エロに関しては精神世界とはいえ本番シーンでしたので、まあマズいと言えばマズかったかもしれないなぁ…と思います。最後までお読みいただいた方はお分かりかとは思いますが、この13話以降、エロシーンはありません。実際は話を進める上で必要性に乏しかったのも理由ですが、とにかくこれ以降話にそういったシーンを絡めることは無くなりました。

 今となってはあの時ああしていれば、とか、こうしていれば…ということを考えることもできますが、当時はとにかくいっぱいいっぱいで、とてもそこまで気が回らなかったと言うのが正直なところです。その後別の雑誌の編集の方にお話を伺ったところ、「青年誌だったらレイプシーン以外たいていOK」とのことなので、ひょっとしたらコミックヴァルキリーは少年誌と言う位置づけかもしれません。そのあたりのところ、聞いてないのでわかりませんが…

 なんにせよ、定義も範囲もあやふやな中で、ギリギリを狙って描くのは結構精神的には大変でした。ああいうものを描いといて言うのもなんですが、個人的にはエロもグロも苦手なので。特にグロは映画「エイリアン」(第1作)の、エイリアンが人間の腹を喰い破って出てくるシーンがトラウマとなってぶっちゃけ大嫌いなジャンルです。

 と言うわけで今回はこの辺で終わりです。あと2回くらい続くと思います。次回はとても心強かったお手伝いさんに関するお話です。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
R-Ex
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
コンシューマゲーム開発からイラスト・3D・アーケードゲーム開発を経て現在イラスト・マンガ中心でお仕事を頂いています。個人名を出せるお仕事は一迅社「萌える戦艦」イラスト、KTC「コミックヴァルキリー」連載『GUNNER QUEEN』等。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

買ってくりゃれ









面白記事PickUp

管理人がよく見に行くサイトの最新記事です

ブログ内検索

最新TB

バーコード

アクセス解析

カウンター

Copyright ©  -- Days of GUNNER --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]